例会・総会のお知らせ 5月25日(土)  

兵庫地理学協会2013年度例会・総会のお知らせ

共催:人文地理学会地理教育研究部会・奈良地理学会
後援:兵庫教育大学・兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会(申請中)

1 日 時:
2013年5月25日(土)
13:00~14:00 総会

14:00~17:00 研究発表 
17:00~18:30 巡検 その後懇親会

2 場 所:
兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス
(2013年4月より名称変更。兵庫教育大学のHPを参照願います)
 兵庫教育大学 アクセスマップ

3 テーマ:
日本の地理教育のフィールドワーク指導はグローバルスタンダードか?

4 趣 旨:
地理学ではフィールドワークが重要な研究方法の1つである。フィールドワークでは、新しい問いを発見し、問いを解くためのデータを収集し、さらに新しい問いを発見することができる。しかし、特に中等教育における社会科地理、地歴科地理では学習指導要領に明記されているにも関わらずフィールドワークが行われていない現状もある。現行学習指導要領では、中学校社会科地理の場合、身近な地域の調査が最終単元に設定されており、問題も多い。

 一方、今年8月京都で開催される地理オリンピック世界大会は10回目を数える。地理オリンピックでは、筆記(WRT)、マルチメディア(MMQ)、フィールドワーク(FWT)の3つのテストが行われ、その中で日本選手が力を発揮できていないのがフィールドワーク(FWT)である。地理オリンピック は、地理教育の国際スタンダードの1つと位置づけられると考えられ、そこではどのようなフィールドワークを実施し、どのような力を試しているのだろう。それに対して、日本の中等地理教員、大学の地理学担当教員はどのようなフィールドワークを実施し、どのような力を付けようとしているのか。フィールドワーク指導に関する国際スタンダードと日本のそれを比較し、その共通点と相違点を、また、フィールドワーク指導の理想と現実の差異を明らかにしたい。なお、当日の発表では一人10分のライトニングトークを基本とし、多くの論点を表出させたい。

 また、研究発表後には、当日議論された論点を意識しながら、巡検を行いたい。

5 研究発表

・地理オリンピックのフィールドワークで求められたこと    
 鈴木太郎(神戸大学・学生)
 大谷誠一(平塚市立金旭中学校)

・高校地理教育のフィールドワーク指導の理想と現実      
 落葉典雄(奈良女子大学附属中等教育学校)
 久保哲成(兵庫県立柏原高校)
 小橋拓司(兵庫県立加古川東高校)

・大学地理学教育のフィールドワーク            
 矢嶋 巌(神戸学院大学)
 香川貴志(京都教育大学)

 オーガナイザー
 吉水裕也(兵庫教育大学)

6 巡 検
  ハーバーランドから元町周辺
  案内者
  兼松泰照(兵庫県立高砂南高校)
  南埜 猛(兵庫教育大学)
  秦 洋二(流通科学大学)
2013-04-17 12:03 : 集会・フィールドワーク :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

兵庫地理

Author:兵庫地理
1947年創立。「兵庫地理」を毎年発行。兵庫県下の地理学の研究・教育に関する協会。
公式ブログです。

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

ブログ内検索